→ 村中大祐

シューベルト:交響曲第9番《グレート》 シューマン:ピアノ協奏曲*

村中大祐指揮 Orcheter AfiA(オーケストラ・アフィア)
グローリア・カンパナー(ピアノ)*

村中大祐=AfiA、第3弾。古典的な佇まいとロマン的な情感の見事なバランス!
レコード芸術2018年3月号 準推薦CD

シューベルト:交響曲第9番ハ長調D944 《グレート》
シューマン:ピアノ協奏曲イ短調作品54*

紀尾井ホールにおけるコンサート・ライヴ録音:
2016年2月18日(シューベルト)& 2016年5月12日(シューマン)


AfiA-9002~03(2枚組)
JAN:4580359968078
STEREO / 24-Bit Digital録音
2018年1月11日発売


販売価格¥¥4,860
送料・梱包・税込

国外の方は送料は別途負担となります。
お問い合わせください。


数量 

村中大祐=オーケストラ・アフィアによる待望のシリーズ第3弾。2016年、紀尾井ホール(東京)での演奏会ライヴ録音の登場です。今回はロマン派を代表する交響曲とピアノ協奏曲という組み合わせ。シューベルトの「グレート」では、小編成のオーケストラから重厚で巨大なスケール感を引き出すことに成功しています。シューマンのピアノ協奏曲でソリストを務めるのは、現代若手最高の一人と呼び声の高いイタリア出身のグローリア・カンパナー。ピアノ・ソロの熱いロマン的感情とそれを支えるオーケストラの古典的な佇まいの絶妙なバランスが聴きものです。

profile 村中大祐/オーケストラ・アフィア(Orchester AfiA)

メンデルスゾーン:交響曲第4番《イタリア》& 第5番《宗教改革》

村中大祐 指揮 オーケストラ・アフィア

村中大祐=AfiA、第2弾。古典的な均整としなやかな抒情をたっぷりと!
レコード芸術2017年5月号 準特選CD
メンデルスゾーン: 交響曲第4番《イタリア》 & 第5番《宗教改革》 村中大祐 指揮 オーケストラ・アフィア

メンデルスゾーン:
交響曲 第5番 ニ短調 作品107 《宗教改革》 (1832年初稿版)
交響曲 第4番 イ長調 作品90 《イタリア》 (1833年版)

コンサート・ライヴ録音:
2016年5月12日、紀尾井ホール


CD: AfiA-9001
STEREO / 24-Bit Digital録音
2017年3月3日発売


販売価格¥2,916
送料・梱包・税込

国外の方は送料は別途負担となります。
お問い合わせください。


数量 

デビュー作「メンデルスゾーン:交響曲第3番《スコットランド》」が高評価を得た村中大祐=オーケストラ・アフィアの第2弾。同じくメンデルスゾーンの名作《イタリア》と《宗教改革》というカップリングで、《宗教改革》は珍しい1832年初稿版による演奏です。
村中大祐は東京外国語大学を卒業後、ウィーンとイタリアで研鑽を積んだという異色の指揮者。現在イギリス室内管弦楽団の国際招聘指揮者として英国やイタリアで大活躍を続けていますが、その最大の魅力は、師匠ペーター・マークゆずりの熱い歌心と深い精神性。このメンデルスゾーンでも、しなやかでありながら重厚でスケール感に満ちた見事な演奏を聞かせています。小編成のオーケストラならではの透明感に満ちたテクスチュアを、ワンポイント録音によるピュアで自然なサウンドで存分にお楽しみください。

profile 村中大祐/オーケストラ・アフィア(Orchester AfiA)

メンデルスゾーン:交響曲第3番《スコットランド》 Daisuke Muranaka/Orchester AfiA

村中大祐 指揮 オーケストラ・アフィア

新レーベル「AfiA」第1弾。
世界で活躍する指揮者、村中大祐の率いる日本有数の音楽集団AfiA、いよいよCDデビュー!

ンデルスゾーン:交響曲第3番《スコットランド》 村中大祐 指揮 オーケストラ・アフィア

レコード芸術2015年10月号 推薦CD

メンデルスゾーン:
交響曲 第3番 イ短調 作品56 《スコットランド》 Mendelssohn Symphony No.3 Scotland
弦楽八重奏曲 変ホ長調 作品20 (弦楽オーケストラ版2013)

コンサート・ライヴ録音:
2013年10月18日、浜離宮朝日ホール (op.20)
2014年10月2日、神奈川県立音楽堂 (op.56)


CD: AfiA-9000
STEREO / 24-Bit Digital録音


sold out

ペーター・マークを通じてフルトヴェングラーの伝統を受け継いだ指揮者、村中大祐。その彼が2013年に自ら設立したOrchester AfiA(オーケストラ・アフィア)を率いて行った演奏会のライヴ録音が、いよいよ若林工房「AfiA」レーベルから登場します。第一弾として発表されるのは、メンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」。既に英国でもイギリス室内管弦楽団と共に着々と評価を得ている村中大祐が満を持して取り上げた作品だけあって、スコットランドの憂愁を見事なまでに描き切っています。メンデルスゾーン若干16歳の作品である弦楽八重奏曲も、ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場のヴァイオリニスト、ロベルト・バラルディをコンサートマスターに迎えての素晴らしいサウンドでお楽しみ頂けます。

profile 村中大祐/オーケストラ・アフィア(Orchester AfiA)

Google+