プロフィール/近野賢一

近野賢一/Kenichi Konno

近野賢一北海道出身。新潟大学教育人間科学部音楽科を経て、京都市立芸術大学大学院修士課程音楽研究科修了。2007年に渡独し、フライブルク音楽大学リート・オラトリオ科及びオペラ科を修了。ミュンヘン音楽演劇大学リート科マイスタークラスを修了後、2012年に帰国。
これまでに、声楽を箕輪久夫、宇野徹哉、福島明也、マルクス・ゴリツキ各氏に師事、リート解釈を岡原慎也、ハンス=ペーター・ミュラー、ヘルムート・ドイチュ、ジークフリート・マウザー各氏に師事。
シューベルティアーデ(シュヴァルツェンベルク)、ヨーロッパ音楽祭(シュトゥットガルト)、サイトウキネンフェスティバル松本ほかにて、エリー・アメリンク、イェルク・デムス、白井光子、ディートリヒ・ヘンシェル、ローマン・トレケル、トマス・クヴァストフ、フリッツ・シュヴィンハンマー、ヴォルフラム・リーガー、ルネ・ヤーコプス各氏のマスタークラスを受講。
 国内外にて意欲的にドイツ歌曲リサイタルを行い『遥かなる恋人に』、『美しい水車屋の娘』、『冬の旅』、『詩人の恋』、『リーダークライスop.24&39』、『四つの厳粛な歌』、『リュッケルト歌曲集』、『子供の不思議な角笛』、『R.シュトラウス歌曲集』など多数の作品を取り上げている。
オペラでは『フィガロの結婚』伯爵、フィガロ、『魔笛』パパゲーノ、弁者、『ペレアスとメリザンド』ゴロー等を演じ、ソリストとしては『マタイ受難曲』、『ヨハネ受難曲』、『ロ短調ミサ』、『レクイエム(モーツァルト、フォーレ、ブラームス)』、『メサイア』、『天地創造』、『第九』、『パウルス』、『聖チェチーリアミサ』、『戴冠ミサ』、『さすらう若人の歌』などに出演している。
 2006年京都でのリサイタルに対して青山音楽賞新人賞を受賞。友愛リートコンクール、JSGシューベルトコンクールの他、バツェヴィッチ国際室内楽コンクール(リート部門)など、国内外のコンクールで入賞を果たしている。
現在、岐阜大学助教、名古屋音楽大学非常勤講師。


>>近野賢一の作品はこちら

Google+