若林工房 特選盤

エリザベス朝のヴァージナル音楽 WAKA-4146 中野 振一郎
エリザベス朝のヴァージナル音楽 WAKA-4146

ショパン: ピアノ・ソナタ 第2番 《葬送》 WAKA-4148 イリーナ・メジューエワ
ショパン: ピアノ・ソナタ 第2番 《葬送》 WAKA-4148 

イリーナ・メジューエワ WAKA-4194 四季 ~ チャイコフスキー・アルバム
四季 ~ チャイコフスキー・アルバム WAKA-4194

ベートーヴェン:「最後の3つのソナタ」
ベートーヴェン: 「最後の3つのソナタ」 WAKA-4102-03

プロフィール/ミハイル・リツキー

ミハイル・リツキー/Mikhail Lidsky

ミハイル・リツキー/Михаил Лидский/ Mikhail Lidsky

 1968 年モスクワ生まれ。グネーシン特別音楽学校およびグネーシン音楽アカデミーでウラジーミル・トロップに師事。 13 歳でオーケストラと初共演し 15 歳で最初のリサイタルを開く。在学中よりソリストまた室内楽奏者としてソ連国内各地で演奏。 1989 年、全ソ連ピアノ・コンクールでの優勝以後、いかなるコンクールへの参加も拒否。 1991 年 12 月、モスクワ音楽院大ホールへリサイタル・デビュー。 1992 年からはロシア連邦内全域および外国(英国、チェコ、フィンランド、フランス、ドイツ、日本、イタリア、オランダ、台湾など)で幅広い演奏活動を展開。

リツキーへの賛辞

「無限のヴォルトゥオージティと自然な音楽感覚、自らの使命に対する真摯な姿勢を備えた音楽家」 ~E . ヴィルサラーゼ(ピアニスト)

「高度なプロフェッショナリズムと真正な音楽文化、音楽に対する個性的なアプローチと幅広い知性が統合された稀有なピアニスト」 ~D . バシキーロフ(ピアニスト)

「リツキーはヴィルトゥオーゾ・ピアニストだが、単なるヴィルトゥオーゾではなく、哲学者であり解釈者だ」 ~A . ヴェデルニコフ(指揮者)

>> ミハイル・リツキーの作品はこちら

Google+