若林工房 特選盤

幻想即興曲~ショパン名曲集 WAKA-4140 イリーナ・メジューエワ
幻想即興曲 ~ショパン名曲集 WAKA-4150

チェンバロ名曲集 / 中野振一郎
チェンバロ名曲集 WAKA-4157-58

夜のガスパール   上野 真
夜のガスパール

シューベルト:ピアノ・ソナタ 第18番 ヴァレリー・アファナシエフ
シューベルト:ピアノ・ソナタ 第18番 WKLC-7010

プロフィール/ヴァレリー・アファナシエフ

ヴァレリー・アファナシエフ/Valery Afanassiev

photo: (C)林 喜代種

ヴァレリー・アファナシエフ

1947年モスクワ生まれ。モスクワ音楽院でヤーコブ・ザークとエミール・ギレリスに師事。1968年のバッハ国際音楽コンクール(ライプツィヒ)、1972年のエリザベート王妃国際コンクール(ブリュッセル)で優勝を飾る。1973年にモスクワ音楽院を卒業、1974年にベルギーへ亡命した。以後、ヨーロッパ、アメリカ各地でリサイタルを行うほか、著名なオーケストラと共演を重ねてきた。1983年にヴァイオリニストのギドン・クレーメルの共演者として初来日。1987年の《東京の夏》音楽祭のソロ・リサイタルでは熱狂的な反応を呼び起こした。

これまでにDENON(コロムビア)、若林工房、コンサートイマジンなどから20枚以上のアルバムをリリース。1992年「ブラームス:後期ピアノ作品集」がレコード・アカデミー賞(器楽曲部門)を受賞。来日のたび、新録音のリリースのたびに、その独自の音楽性が論議を呼び、音楽界に大きな刺激をもたらしている。

ピアノ演奏にとどまらず、『失踪』、『バビロンの陥落』、『ルードヴィヒ二世』などの小説を発表する文学者の顔も持っている。フランス、ドイツ、ロシアでの出版に加えて、日本でも2001年にエッセイ集『音楽と文学の間』が出版されて話題となった。ナボコフ、ボルヘス、ベケット、カフカ、ジョイスなどを愛読し、ヴィトゲンシュタイン、道教思想、インド哲学に傾倒していることでも知られる。

現在はブリュッセルを拠点に活動。現代におけるカリスマ的ピアニストとして注目を集め続けている。

>> ヴァレリー・アファナシエフ 作品はこちら

Google+